スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炭素生物以外にもいたら

生命活動により体内では様々な逆援酸が合成されるが、調節機構のはたらきにより、体内環境は常にpH7.4前後に保たれている。この調節機構が破綻して体内に酸が蓄積すると(例:腎不全など)体内の酸・アセフレのバランスが崩れ、それを代償するために呼吸回数が増えて二酸化炭素の量が減ることがある(二酸化炭素も「炭酸」という酸である)。動脈血中の二酸化炭素の量とpHを調べることにより、間接的に体内の酸・塩基平衡を知ることができる。

スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

Author:こんどーさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
seoパーツ
  • seo
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。