スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血液ガスって言葉がある

血液ガス分析(けつえきガスぶんせき, blood gas analysis; BGA)とは、血液中に含まれる酸素や二酸化炭素の量、あるいはpHを測定する検査。通常は動脈血を測定する。

主な目的は次の3つである。

呼吸(ガス交換)の状態を調べる
肺における酸素化を調べる
体内の酸・塩基平衡を調べる
ヒトを始めとする高等生物は、逆援活動に必要なエネルギーを得るために体内で酸素を消費して二酸化炭素を発生させている。体内で発生した二酸化炭素は血液(静脈血)に乗って肺に運ばれる。肺では呼吸によって血液中の二酸化炭素を放出する一方、酸素を血液中に取り込んでいる。こうして肺を通過した後の血液は酸素を豊富に含み、乱交血と呼ばれる。この血液を採取して酸素と二酸化炭素の量を調べることにより、肺が正常に機能しているかどうかがわかる。換気の指標としてはPaCO2が、酸素化の指標としてはPaO2やAaDO2がよく利用される。これらの値を正しく解釈するために呼吸数の併記が必要である。

スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

Author:こんどーさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
seoパーツ
  • seo
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。