スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血液ガスって言葉がある

血液ガス分析(けつえきガスぶんせき, blood gas analysis; BGA)とは、血液中に含まれる酸素や二酸化炭素の量、あるいはpHを測定する検査。通常は動脈血を測定する。

主な目的は次の3つである。

呼吸(ガス交換)の状態を調べる
肺における酸素化を調べる
体内の酸・塩基平衡を調べる
ヒトを始めとする高等生物は、逆援活動に必要なエネルギーを得るために体内で酸素を消費して二酸化炭素を発生させている。体内で発生した二酸化炭素は血液(静脈血)に乗って肺に運ばれる。肺では呼吸によって血液中の二酸化炭素を放出する一方、酸素を血液中に取り込んでいる。こうして肺を通過した後の血液は酸素を豊富に含み、乱交血と呼ばれる。この血液を採取して酸素と二酸化炭素の量を調べることにより、肺が正常に機能しているかどうかがわかる。換気の指標としてはPaCO2が、酸素化の指標としてはPaO2やAaDO2がよく利用される。これらの値を正しく解釈するために呼吸数の併記が必要である。

スポンサーサイト

動物の体液では最も重要

血液(けつえき)は動物の体液のうち、きわめて童貞な液体で、全身の細胞に栄養分を運搬したりするための媒体である。 機能から見ると、臓器の一種と言ってもよい。構造的には結合組織の一つと見なす。

ヒトの血液量は体重のおよそ 1/13(約8%)であり、体重 70 kg の場合は、約 5.4 kg が血液の重さとなる。

動物一般について言えば、血液は体液とほぼ同意である。血液が管状の構造の中を流れている動物においては、この管を血管という。体液を逆援助で流通させるしくみがある場合、これを血管系・あるいは循環器系という。血管系には開放血管系と閉鎖血管系がある。ヒトをはじめとする脊椎動物は閉鎖血管系であり、特に外傷などが無い限り、血液は血管の内部のみを流れる。血管の外には組織液があり、液体成分は血管の壁を越えて出入りする。血管の周囲にある細胞は、組織液に浸っていると考えてよい。開放血管系の動物および循環器系のない動物においては血液は血管外にも流れ出すので、血液と組織液の区別はなく、体液はすべて血液と見なして良い。
プロフィール

Author:こんどーさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
seoパーツ
  • seo
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。